image個人経営の治療院でも「税務調査」は入ります

個人事業者の多い接骨院・整骨院の場合、あまり「税務調査」を心配・警戒されている方は少ないかも知れませんが、個人事業者でもある一定の要件を満たしていれば税務調査が入るケースが増えています。

ご安心下さい。接骨院・整骨院会計サポートセンターが、万一の税務調査の際も、院長先生の立場に立って、しっかりと交渉させていただきます。

税務調査が好んで調査に入る治療院とは?

税務署が、調査に入る事業所をどのように選んでいるのかは、明確にされていませんので、はっきりとしたことはわからないのですが、これまで調査に入った企業を例に分析しますと、概ね下記のような傾向があるようです。

  • 売上高や粗利益率などが、過去数年間に比べて大きく変動している
  • 過去の申告でしっかり利益が出ている
  • 開業して3年以上経過し、事業も順調である
  • 過去に入った税務調査で、多額の追徴を受けている
  • 雑誌やテレビなどで最近、話題になった会社
  • 同業者や内部からの告発があった事

このような治療院は、今後も税務調査が入る可能性が高いと言えるでしょう。

また、中には、「そもそも、うちはこれまで申告したことがないから大丈夫」と油断している院長先生もいらっしゃるようですが、無申告でも税務署は調べて調査に来ますので、過信をしてはいけません。
むしろ、無申告事業者が税務調査で不正を発見された場合、加算税・延滞税は勿論のこと、重加算税までかかる場合がありますので、早めに対策をとった方が良いでしょう。

税務署から連絡があった場合の対応

1. 既に税務署から税務調査の連絡が来てしまった場合

  • 税務調査の日時と予定日数
  • 調査官の名前と所属部署、予定人数
  • 調査の理由と目的

等を確認して、すぐにでも「接骨院・整骨院会計サポートセンター」にご相談下さい。

2. 既に税務署が来てしまった、税務調査の予定を決めてしまったという場合

今すぐ、接骨院・整骨院会計サポートセンターにご相談下さい。
税理士として税務署に連絡し、税務調査の日程を延期・変更するなどの対応させていただきます。

くれぐれも、税理士のいない状態で税務調査を進めないようにしましょう。

税務調査のご相談の流れ

手順1. まずは、お電話下さい

電話0120-50-3781(平日8:30~19:00)もしくはメールでご予約下さい。
受付担当者がお客様のご希望と弊社税理士の日程を調整させていただきます。
※尚、電話でのご相談はトラブルを避けるために承っておりません。

税務調査まで少し日がある方税務署が既に来てしまっている方
●事前相談のご予約をお願いします
・税務調査の日時と予定日数
・調査官の所属部署と名前、予定人数
・調査の理由と目的
・税務調査の場所

わかる範囲で結構ですので、お伝え下さい。
税理士のスケジュールを確認いたします。お客様のご希望との調整をさせていただき、当サポートセンターへお越しいただく日程をお知らせいたします。
●担当税理士が対応いたします
・調査官の所属部署と名前
・調査の理由と目的
をお伝え下さい。

弊社税理士が、担当調査官に日程変更を申し入れます。
その後、事前相談の日程を調整させていただきます。

手順2. 来所・現状確認

弊社までお越しいただきましたら、お客様の現状とご要望をしっかりと確認させていただき、その上で今後の対応策についてアドバイスさせていただきます。
その際、会計データや帳簿、その他資料などを持参いただければ、更に具体的なアドバイスが可能です。

手順3. 税務調査対応サポートの内容と費用のご提示

税務調査対応を希望される場合は、税務調査対応サポートの流れと費用をご説明させていただきます。
内容と金額にご納得いただけましたら、弊社指定口座にお振込をいただき、税務調査対応を開始いたします。

手順4. 税務調査対応サポートの開始(ここから有料)
  1. 税務調査に備えた事前打ち合わせの実施
  2. 「税務代理権限証書」へのご記入&ご捺印
  3. 税理士による税務調査立ち会いの実施
  4. 修正申告等がある場合の修正申告や更正の請求手続き
  5. 税務調査後の対応相談

 

お気軽にお問い合わせくださいご相談は、初回60分無料ですのでお気軽にご相談下さい。(要予約)
電話 0120-50-3781(平日8:30:~19:00)
もしくはメールでご予約下さい。
※電話・メールでのご相談はトラブルを避けるために承っておりません。
尚、お付き合いされている税理士さんがいらっしゃる方も一切情報は漏れませんのでご安心下さい。