オリンピック金メダリストと銀メダリストと違い

前回、中学校陸上競技部監督「原田隆史氏」の原田メソッドを紹介しました。

原田先生曰く、「オリンピック金メダリストは毎日欠かさず《日誌》を書いていた。銀メダリスト以下の選手は、日誌を書いたり書かなかったり、又は全く書いていなかった。」

「日誌」は、目標達成に毎日、自らの力で近づくためのセルフマネジメントツールと言います。
日誌には、明日の事を文字に書く欄があります。この未来の事を書いて表現する活動は、「イメージトレーニング」とも言えます。
 イメージトレーニングを続けていくと、目標達成の可能性が高まるそうです。脳は、イメージと実際の行動を区別できないと言われています。
つまり、毎日日誌でイメージトレーニングを行うことで、私たちの目標達成率は高まるという事です。

しかし私も含め、多くの人たちは、日誌(日報)を毎日続けることが出来るか自信がありません。

ここで、《日誌(日報)》を続ける為の解決策を紹介致します。

それが、『応援日報』というものです。

https://peraichi.com/landing_pages/view/fortexia
フォルテシアでも行っています。是非、ご活用ください。